自動車バッテリーの働きと役割

自動車のバッテリーは、+極(正極)板,-極(負極)板と電解液から出来ており、それらの化学反応によって直流の電気エネルギーを取り出すことの出来る装置です。逆に外部から電気エネルギーを注入することで、直流の電気エネルギーを蓄える働きもあります。


自動車用バッテリーに蓄えられた電気エネルギーは、エンジン始動時に使われるほか、ヘッドライトやルームランプ、カーナビやカーステレオなどの電装品への電力供給も行っています。また、バッテリーに蓄えられた電気エネルギーによって、各種コンピューター機器の制御やバックアップなども行っています。